下っていない時のクダラナイ日常話などを公開!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
10月15日
金髪のおっさん

人生初の金髪に挑戦。
前日の残念な到着初日の気分をガラッと変えたかった。
そして、逃げるように去ったゲストハウスを出てすぐの床屋に、衝動的に入った。
とりあえず髪を染めたいという意思を筆談をもって伝えた。
「髪・染・金」だったかどうか忘れたが、漢字を紙に書いて説明した。
しかし、床屋の主人にはいまいち通じず、けっきょく壁に貼られた女性モデルの写真と自分の頭を交互に指差し「あんな色にして」ということをジェスチャーにて伝えた。
髪の毛の色を変えたら、気分も変わるかなと思ったけど、けっきょくはあまり変わらなかった。
なぜなら、鏡でも無い限り、自分から自分の変化を常に感じることができないからだ。
しかし鏡に写る自分にはすごく違和感がある。
まるで「ビバリーヒルズ青春白書」のコントをしている人みたいだ。
だから、それから数週間は鏡を見るたびに、鏡の中の自分の姿に、いちいち驚くことになった。

昆明の街は都会。
デパートも立派。
マクドもKFCもスタバもユニクロもある。
日本とそう変わらないように見えるが、物価が安いことと、街行く人が疸を「が〜っ、ペッ!」と豪快に道に吐く姿は、日本では見られない特異なものだった。
バスは一律2元(26円)と、かなり安い。
安いこともあり、ちょっと移動するときにも、気軽に使うことになった。
異国で足代わりにバスに乗る。
それだけで自由に旅行をしている開放感に浸ったりしていた。
子供のころに一人でエレベーターに乗るのにはまったことがある。
そのとき、自由に自分の意思で移動できることに喜びを感じていた。
たぶん、その子供のときの感動に似たようなものを、そのときも感じていたのだろう。
ただ中国のバスは、やっぱりお釣りはくれないので、バスに乗る前には、どこかでお金を崩さねばならず面倒だった。
昆明では「円通寺」など観光地へ行ったりしたが、これといった印象は今イチ残っていない。
名物の米麺というものも、さほど旨くは感じない。
昔なら、とりあえず異国で食べるものは、何でも旨いと思っていたが、歳を重ねて味覚がましになったのか、それとも食品会社のホームページにおいしい食べたものを紹介しなければいけないという圧迫感がなくなったからであろうか、旅先でそう旨いものには出会わなくなったように感じた。
ただ、ちょっとお腹をこわしたときに、「味千ラーメン」に入って、鮭の寿司セットと一緒に飲んだキリン一番しぼりが旨かった。
もう一度昆明に寄ることがあれば行きたいなと思ったくらい。
ちなみに昆明には2泊したが、日本人には一人も会わなかった。
味千ラーメン

スポンサーサイト
2012.12.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kyotonomikudashi.blog78.fc2.com/tb.php/236-25722822
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。