下っていない時のクダラナイ日常話などを公開!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
GRP_0000.jpg
↑北岳山頂から見る「富士山」

8月27日(金)

私の目標であるヨーロッパアルプス、ヒマラヤ山脈への挑戦。

その足がかりとして今回は南アルプス登山(北岳)を計画した。

今回の山行が私の大きな夢の第一歩となる。

なんてことは全くなく、アウトドア雑誌の「BE-PAL」を読んで

アルプスに行けば雑誌に載っているような「山ガール」なんて

いたりするのかな?なんてチャラい気分で行っただけである。

万が一に備えて、寝袋とかダウンジャケット

ジェットボイルなどをザックに詰め込んである。

結果として、山小屋泊だったので寝袋もダウンジャケットも

いらなかったわけだが、山に入ったら想定外の事態を常に想像

しなければいけないほど、自分の行動を信じられない私は、

まだ死にたくない。

だから今後も重装備で挑みつづけるだろう。

11時45分、広河原を出発。

ザックの重いうえに、のっけからの急登はきびしいものがあった。

途中で雨なんて降って来て、雷雨になることよりも、「俺は雨男な

んじゃないか?」なんて、その方が不安になったりする。

のどが乾くと、沢の水を汲んで飲む。

まさに「南アルプス天然水」なんて思い、ほくそ笑みながら、ただただ

登る。

出発から3時間半ほどで、ゴールに近い稜線に出た。

そのころには雨も止んで、涼しく気持のよい空気の中を爽快に歩けた。

15時50分、初日のゴール地点「肩ノ小屋」に到着。

PAP_0007.jpg

↑肩ノ小屋 後ろは北岳山頂


↑肩ノ小屋到着直後の地蔵岳はまだ雲がかかっていた


小屋の売店にてビール(500円)を買い、一人打ち上げ。

高いだけあって、低地の飲むより断然うまい。(と感じる)

そして早いが16:30に夕食。


↑肩ノ小屋での夕食

夕食後は、同部屋で雑魚寝した滋賀県のパーティのみなさんに教えられ

仲良くストレッチ。

(このストレッチが効いて、翌朝は全く筋肉痛がなかった。)

夕食の満腹感と、ストレッチで身体が温ったせいか、19時には就寝。


8月28日(土)

4時30分、起床、すぐに朝ご飯。

万が一に備え、普段はしないご飯をおかわりし、栄養補給。

5時15分 太陽が顔を出す。


↑肩ノ小屋から見る日の出

夜明けの富士山や、地蔵岳、甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳の絶景を眺め

感動にひたる。


↑夜明けの富士山


↑夜明けの甲斐駒ヶ岳(右)

感動の余韻に浸りたいところではあるが、早く出発した方が

何かと良い事もあるかと無計画に思って、とりあえず5時

30分に出発。

とりあえず目指すは「北岳山頂」。

朝イチからの193mの急登にはまいったが、北岳山頂まで来ると、

さらに眺めは良くなる。


↑北岳到着

まだ時間に余裕があるため、「間ノ岳」までは行ってみることに。

ロクに山地図も見ずに計画していたものだから、「アルプスの

縦走」とはほとんど高低差のない稜線をイメージしていた。

我ながら、自分勝手で好都合なイメージである。

当然、山と山の間には高低差がけっこうあり、それがけっこう

急な斜面だったりする。

「頂上と頂上の間に橋でも作れば良いのに」なんて思うが

実際に作っちゃうと、相当に興醒めしてしまう人工物にな

るに違いないので、その考えは頭のなかで即座に消去する。

「北岳」から約2時間かけて、「間ノ岳」に到着。


↑間ノ岳到着


↑西農鳥岳(間ノ岳より)

本当は引き返さないといけないが、すぐ近くに「農鳥岳」が見える。

そしたら、先に進みたくなるのが男というもの。

山地図のコースタイムを確認すると、ルートを変更しても

この調子なら、今日中に下山できるはずの計算になる。

念のため他の登山者に聞くと「あなたの健脚ぶりなら余裕で

行けますよ」なんて言われちゃったもんだから、気を良くし

てしまった。

いざ、「農鳥岳」へ。

残念ながら「農鳥岳」に到着するころには山頂はガスで覆われ

今まで歩いて来た「北岳」「間ノ岳」を見返すことはできなかった

が、これで「白峰三山」の縦走は完了、あとは下るだけだ。

と甘く見ていたら、登りが急でキツい分、下りも当然急でキツかった。

その下り初め、後ろから女の子が同じペースで着いて来るので私も

抜かされまいと焦って下った。

結局は数分後、私があっけなくバテてしまって、先を譲ったが

そのときに交わした会話で、その女の子が下降点から麓の間にある

「大門沢小屋」の従業員であることがわかった。

おそらく大学の山岳部か何かであろう。

現役バリバリじゃないか。

その後、そのときの無理が祟ったのかどうかはわからないが、私は

大きくペースダウンして、気持ちと時間の余裕のないままのゴール

となった。(16:00奈良田にてゴール)

教訓「時に無理せず譲る方が、カッコいいのかも。」

登山もどんなスポーツも、人生である。

そんなこと考えるなんて、俺もすでにおっさんだな。

今回はそんなことを学んで終われた、なかなか充実した山行になった。

何より念願の「山ガール」に会えた?(アスリート系ではあるが)


スポンサーサイト
2010.09.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://kyotonomikudashi.blog78.fc2.com/tb.php/219-3c0f0e99
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。