下っていない時のクダラナイ日常話などを公開!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
譚ア蛹怜ソ懈抄繧ォ繝輔ぉ莠ャ驛ス縺ョ蟾サ_繝壹・繧ク_1_convert_20110521175730


譚ア蛹怜ソ懈抄繧ォ繝輔ぉ莠ャ驛ス縺ョ蟾サ_繝壹・繧ク_2_convert_20110521175928


 ご縁がありまして、物集女街道ヒゲーズ参戦させていただきます!

陰ながらご支援を・・・という気持ちでやってきた我々なのですが、

支援活動を盛り上げ、かつ一人でも多くの被災された方々へ「ナニカ」を

届けられたらと思い、参加させていただきました。


 当日は、現場の生の声が聴けるなど、今回の震災を肌で感じていただける企画のようです。

我々関西人は、少なくとも震災の経験者ですが、「原発」における人災の影響は過去

経験のない許しがたい災害です。

 一人でも多くの我々が理解し、正しい方向へ歩んでいけるようにしたいものです。

いろんな考え方や見方はヒトそれぞれですが、「シアワセ」を望む気持ちはみんないっしょだと

思います。



 "Love and Peace"


 みんな、待ってるぜ!


スポンサーサイト
2011.05.21 / Top↑
 CA3E0081_convert_20110520231226.jpg

「フナで始まりフナで終わる」釣り師のよくいうセリフだ。

今回のゴール地点。何年ぶりだろうここに帰ってくるのは。晴れた日ばかりではなかった気がする。

CA3E0082_convert_20110520231258.jpg

 久々の木津川。相も変わらず水質は最悪。でも、それ以外、人のいない笠置の河原、川筋、天気、そして良く冷えたビール・・・文句ナシのカヌー日和申し分ないのである。

 そして、今回初飲み下し参戦のtetsuもまた、申し分なく飲み下してくれました。初川下りの彼と木津川。我々がやり始めた頃のテンションが伝わってくる。秒殺で沈しながらも、”エェ感じですわ!”の連発が、始めた頃のワクワクが蘇ってくるのを素直に感じてしまった。

05180003_convert_20110520231049.jpg


 進んでファルトを組み立てる、おっさん。めんどくさいと思うオレが恥ずかしい。彼はキラキラたのしんでいた。

 飲んだビールの数も、オレを上回ったようだ。木津川リターンズ。煮詰まったころに、そろそろ帰ってきてもいいぞ!


CA3E0086_convert_20110520234201.jpg


 そして、笠置の夜は更けていくのだ。



で、昔書いてたBlog発見!

http://blogs.yahoo.co.jp/uchanhiro
2011.05.20 / Top↑
110502_1250~01

 25歳のときに購入した FUJITAカヌー。もう21年目。激しい川は、もう無理だろう。俺と同じく。今回は北山川に6日間テントを張った。雨の日が二日あった。ここには、何回も足をはこんではいるが、長逗留したのは初めてだ。ひとりでゆっくりと時間をかけて下ると、また違う感覚を感じることができる。そしてほぼ毎日通ったのが、「湯の口温泉」。古い温泉で、その泉質はカンドー的にすばらしく、もちろん掛け流しの温泉である。


 新しい発見とともに、「やめられまへんな」の北山川の日々であった。


CA3E00610001.jpg
2011.05.05 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。